コラム7-8

意外と知らない!?正しいトリートメントの使い方

美髪をキープするには、定期的に美容院に通うことも大切ですが、ご自宅でもトリートメントを使った丁寧なヘアケアが必要です。トリートメントはどんなに優秀なものを使用していても、間違った使い方をしていると効果はダウンしてしまいます。こちらでは、正しいトリートメントの方法についてご説明しますので、ご自宅でのヘアケアの参考にしてください。

トリートメントに含まれている成分の浸透率を高めるには、正しいシャンプーが欠かせません。まずは、ブラッシングとお湯洗いでおおまかな汚れを取り除いてから、シャンプーをしましょう。

シャンプーした後、すぐトリートメントを馴染ませてしまっては、水分が邪魔して成分が十分に浸透しません。タオルで余分な水分を吸収させてから、トリートメントを髪の毛に塗布してください。

カラーやパーマなどのダメージが気になるからと言って、トリートメントをつけすぎるのはおすすめできません。適量より多くつけても特に差はなく、多すぎるとトリートメントが頭皮に付着してしまうこともあります。トリートメントが毛穴につまって頭皮のトラブルに繋がることもありますので、頭皮から1cm~2 cmほど先は塗布しないようにしましょう。大目に使っていた方は、改めて使用されているトリートメントが推奨している量をチェックしてみてください。

浸透率を高めたい時にはトリートメントを塗布した後に、5分から10分程度シャワーキャップを被りましょう。シャワーキャップと蒸しタオルの合わせ技もおすすめです。温めることで髪のタンパク質の結合が緩んで、髪内部までの浸透率がアップします。ご自宅でできる特別なケアとして、週に2回程度のペースがベストです。

トリートメントに含まれる油分を髪に残したまま太陽の光を受けると、褪色の原因になります。トリートメントをすすぐ際は、洗い残しがないように髪や頭皮をしっかりとすすぎましょう。

濡れた髪の毛を放置すると、キューティクルが開いた状態になってしまいます。せっかくのトリートメントが流れ出てしまうことも考えられますので、お風呂から上がったら早めに乾かしてください。髪同士をこすらないようにタオルドライで水分を粗方取り除いた後、ドライヤーで余分な水分を飛ばしましょう。

髪に優しい「オーガニックカラー」の魅力

通常のカラー剤といえば刺激の強い薬剤を使用していることが多く、髪へのダメージが気になります。そこで、パーマやカラーによる髪の傷み、パサつきが気になる方におすすめしたいのがオーガニックカラーです。焼津市周辺でオーガニックカラーが受けられる美容室をお探しの方は、ぜひフルールへお越しください。

オーガニックカラーは自然由来成分で作られており、地肌と髪に優しいです。通常のカラー剤よりも安全性が高く、使い続けることで髪本来の美しさを実感できます。

また、自然植物にこだわっているため染まりやすく、キレイな仕上がりが特徴です。頭皮への負担も少なく、カラーバリエーションも豊富なので、毎月のカラーも安心して楽しむことができます。

通常のカラー剤にはアンモニアや過酸化水素水など様々な化学物質が含まれており、薬品のような匂いを強く感じることがあります。一方、オーガニックカラーは低アンモニア処方で刺激臭を軽減しているため、カラー特有の匂いが気になりません。またフルールでは、カラーリングの際もお客様に心地よい時間を提供するために、イタリア産天然由来ブレンドアロマを取り入れています。天然のハーブアロマとオーガニックカラーでより贅沢なひとときをお過ごしください。

オーガニックカラーは、妊婦・授乳中の方でも安心してご利用いただけます。妊娠中は肌が敏感になりやすく、今まで使用していた化粧品が突然肌に合わなくなったと感じる方もたくさんいらっしゃいます。特に、市販のカラー剤は美容院で使用するカラー剤と比較して刺激が強いものが多く、中には匂いで気分が悪くなって吐き気を催す方もいるようです。自然由来にこだわったオーガニックカラーは、妊娠・授乳中でも安心して髪のオシャレをお楽しみいただけます。また、オーガニックカラーは白髪もキレイに染まるので、繰り返し染める白髪染めにもおすすめです。